The die is cast.
非常に残念なお知らせ
2011-04-19 Tue 17:30
先日、担当編集の三木さんより、
『非常に残念なお知らせ……』というメールが届きました。

一体何が起きたのかと、不安で胸が押し潰れされそうになりました。
舞台が中止になったとか、新刊の発売が延期になったとか、色々な可能性を考えたのですが、メールの内容を明かす前に、少しだけ別の話を書きたいと思います。

ツイッターやブログなどで、時々、言われる言葉があります。
それは、
「綾崎さんの本はすべて初版で買っています!」
というものです。

善意で言って下さっていることは知っています。
でもね……。
カミングアウトしちゃうと、僕、増刷かかったことないんです……。
だから、反応しようがないんですよね……。

『蒼空時雨』は今でも書店で動いていますって言われるんですけど、メディアワークス文庫の創刊時期のラインナップだから、素人でも「絶対、売れ残るわ」って思うくらい発行部数が多かったんです。
『初恋彗星』以降も、心配しないで良い程度には売れているから、今まで通り、好きなものを書いて良いよと、言って頂けてはいるんですが、でも、やっぱり重版はかかってないんです。
(アスキー・メディアワークスの初版部数は他社より多い気がするんだけど、どうなんだろう。新人で、いきなり専業になる方も何人もいるし)


ただ、やっぱり、重版未経験というのは、デビューしてからの一年、ずっと気になっていて。
出版社に大量に売れ残りを抱えさせるような作家は、本を書かせてもらえない気がするし(真偽は知りません)、増刷がかかれば、少なくとも迷惑をかけていないと安心出来るし。
三木さんとワカマツさんに顔向けするためにも、頼むから重版かかって下さい。
本当、お願いします!
と、ずっと祈るような気持ちだったのです。


そして、先日の三木さんの『非常に残念なお知らせ』というメールです。
物凄くビビりながらメールを開くと、そこに書かれていたのは……。






『吐息雪色が重版掛かりました(^0^)/』
(コピペしたので、絵文字まで一緒)

蜷先・繧ォ繝舌・_03蜈・遞ソ-[譖エ譁ー貂医∩](2)_convert_20101112151323

ついに重版キター!!!!
しかも何故か知らないけど、4冊目だー!!!!
『永遠虹路』より初動が良いと聞いてましたけど、完全に不意打ちでした。

僕の本を平積みにして下さっている書店さんでも、『吐息雪色』だけ入荷していないなんてことがよくあって。
売れたのなら、入れて欲しいのになー……なんて思うことが2、3度あったのですが、まさか、こんなことになるとは!

ご購入頂いた皆様、宣伝して下さった皆様、本当にありがとうございました!!
発売から半年が経っての増刷なので、ちょっとずつ動いていたんだなーと思うと感慨深いです。

ちなみに、三木さんのメールによれば、
「舞台化決まったのに、重版は『蒼空時雨』じゃなかったんだなぁというで意味で、非常に残念」
ということらしいです。
「一回しか出来ないネタなので、やっちゃいました」
と仰っていました。

本当にビビりましたけど、超嬉しいです。
てか、これで、作家になってから成し遂げてみたかった夢が三つとも全部叶いました。
ここで書けないこともあるので、列挙は出来ないんですけど。


『蒼空時雨』の舞台化で、これから本の帯も変わると思いますし、他の本も増刷がかかって、沢山の人に読んでもらえると良いなぁ。
出版社に迷惑をかけていないという確証を得たいというのが、増刷を待ち望んでいた最大の理由ですが、冷静に考えると、重版は作家の収入にもダイレクトに影響する話なので、本当、買って下さった皆様に感謝です。
メールを受け取った時、一人暮らしを再開するために不動産を回っていたところだったので、ちょっと家賃の予算を上げようかとも思いました。(←現金な思考)
1冊の本を買って下さる皆様のお陰で、僕らは書き続けることが出来ます。



ツイッターでは既に告知をしましたが、新刊情報もようやくお伝え出来るようになりました。
4月9日発売の電撃文庫MAGAZINEで告知されたのですが、綾崎の新刊は、

『ノーブルチルドレンの残酷』
6月25日発売予定です。


タイトルからも分かる通り、『花鳥風月シリーズ』ではありません。
あらすじは5月25日の公式HP更新まで表に出ないと思うのですが、本作の主人公は舞原一族です。
舞原が主人公なのは、『蒼空時雨』の零央以来ですね。
七虹は主人公かどうか判断が分かれますし。

完全新作ですが、『花鳥風月シリーズ』とのリンクも少しだけあります。
繋がりが深いのは『永遠虹路』です。

まだ発売は先ですが、少しずつ、こちらでも宣伝していきたいと思っていますので、ぜひ、よろしくお願い致します!
『花鳥風月シリーズ』の新作も、一本編集にOKをもらったプロットがあるので、いつかは出ると思います。
そちらも、気長にお待ち頂けると嬉しいです。
別窓 | 小説のお仕事 | コメント:21 | トラックバック:1 | top↑
BACK | 綾崎隼の徒然雑記 | NEXT