The die is cast.
グッズ、『蒼空時雨』名刺入れ発売。
2012-08-14 Tue 23:40
蒼空

一つ、ご報告です。
この度、僕が新潟を舞台に小説を書いている縁もあり、地元企業さんがグッズを作って下さることになりました。
発売されるのは『蒼空時雨』の表紙イラストを使用した名刺ケースです。
(ワカマツさんも監修して下さっているとのことです)

商品詳細ページ(ご購入もこちらから出来るようです)

<名刺入れ>誕生の経緯はこちらのブログ記事でも紹介されています。

制作して下さる武田金型製作所様は燕市にあるのですが、燕三条の<金物>は社会の教科書にも載るくらい有名です。
僕は幼稚園から小学生にかけて三条に住んでいたこともあるため、お話を頂いた時、本当に素敵なご縁だなと思いました。

MW文庫は一般文芸なので当然かもしれませんが、グッズ化というお話自体珍しいです。
しかし常々、電撃文庫の方角を眺めながら、グッズって良いなーと思っておりました。
(電撃文庫とMW文庫は姉妹レーベルですが、最近はどちらでも出版されている作家さんが増えてきましたね)

僕はワカマツさんのグッズを沢山購入していますが、名刺ケースは初めての商品だと思いますし、そういう意味でも素敵なグッズではないでしょうか。
まだ実物は手に取っていないのですが、とても楽しみです。

発売は8月17日とのことです。



そして本日、最新刊『ノーブルチルドレンの愛情』見本誌が届きました。

IMG_0694_convert_20120814230544.jpg

いよいよ最終巻です!
8月25日発売です。

IMG_0695_convert_20120814230713.jpg

花鳥風月シリーズも4冊出ていますが、あちらはすべて読み切りですし、初めて経験する最終巻の発売です。
何だかんだ言ったところでシリーズの評価を決めるのは最終巻だと思いますし、こんなに緊張するのはデビュー作以来です。

賛否両論になるのかな……。
そりゃ、賛否あるだろうけど、賛の方が多いと良いな……。
などと震えながら、発売日を待っている状態です。

早くお届けしたいけれど、正直、怖いです。

IMG_0698_convert_20120814230726.jpg

ちなみに縦に置くと、こんな形になりまして、『愛情』だけ100ページくらい厚いです。
(『残酷』は3版以降、背表紙の文字サイズが他の巻と同じになっています)

最終巻だったのでページ数を気にせずに、想いを込められるだけ込めました。
(カリスマ編集の声で七虹のシーンは大分カットされましたが、彼女も雪蛍も沢山出てきます)

あと10日で発売です。
どうぞ最後まで、吐季と緑葉の物語をよろしくお願い致します!



22日には『シルフ』にて、コミック版『ノーブルチルドレンの残酷』第2話も掲載されます。
そちらも楽しんで下さいね!
2話も本当に素晴らしいですよ!!
別窓 | 小説のお仕事 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
| 綾崎隼の徒然雑記 |