The die is cast.
『ノーブルチルドレンの残酷』コミカライズ連載中です。
2012-09-22 Sat 02:50
『ノーブルチルドレンの愛情』発売から約一ヶ月が経ちました。
このブログでも本当に多くの感想を頂いております。
最終巻は一切のネタバレがない状態で読んで欲しいので、前の記事のコメントは大部分を承認していませんが、どれも大切に拝読させて頂きました。
本当にありがとうございます!

ノーブルチルドレンの愛情 (メディアワークス文庫)ノーブルチルドレンの愛情 (メディアワークス文庫)
(2012/08/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る



おもむろに新しい記事を書き始めたのは、一ヶ月以上更新が滞るとFC2は広告が上部に表示されてしまうからです。
先日まで沖縄に旅行をしていたので、そのことを書けば良いんですが……。
7泊8日沖縄で遊ぶだけ遊んでしまったせいで、現在、原稿の進捗が大変なことになっています。

ツイッターで散々はしゃいで旅行の写真をアップしていたので、今回ばかりは締め切りを延ばして下さいなんて口が裂けても言えないわけで……。
(担当編集は作家のツイッターをチェックしている模様です)
ガッツリと更新は出来ませんが二点ほど簡単に書かせて頂きます。



現在、毎月22日発売の少女漫画雑誌『シルフ』にて、『ノーブルチルドレンの残酷』が連載されています。
作画は幹本ヤエ様です。
本日9月22日発売の11月号には第三話が掲載されます。

今月は演劇部と保健部の部室シェアがスタートしたところから始まるのですが、原作にはないシーンも満載です。
そのどれもが、ああ、そうだよね!
きっと4人はこんな感じだったよね!
と、原作者ながら思ってしまうシーンばかりです。
『Little Pudding』のケーキを食べるシーンなんて、見ていてニヤニヤが止まりませんでした。

連載開始前に舞台となる美波高校の設定についても、イメージを色々とお伝えしていたのですが、今月号では学校の様子も描写されています。
百聞は一見に如かず。
小説の文章ではとても表現しきれなかったイメージが、鮮やかに描き出されています。

ネームやゲラはデータで確認しているので、iPadに入れていまして。
第一話から何回読み直したか分かりません。
コミカライズがこんなに幸せな企画だったとは思いもしませんでした。

興味のある方はぜひ、雑誌の方でチェックしてみて下さいね!
ノーブル原作は完結しましたが、別な形でも高貴な子どもたちの物語を楽しんで頂けると嬉しいです。



話は変わって。

先月発売された『蒼空時雨』名刺入れですが、何とわずか五日で完売したそうです。
ご購入頂いた皆様、ありがとうございました!
本当に素敵な出来だったので、きっとご満足頂けたと思います。
(むしろ出来が良過ぎて、使うのを躊躇うのではないかと思います。と言うか、僕がそうです)

どうやらあまりにも完売が早かったため、
(『ノーブル愛情』に入っていた告知を見てから購入を検討した方は買えなかった可能性も……。)
この度、再版が決定したとのことです。
詳しくは、こちらの店長さんのブログにて。

グッズなどの商品については、基本的にアスキー・メディアワークスにお任せなんですが。
店長さんのブログを見て、「ええっ!?」となったことがありまして。

なんと別バージョンが発売されるようです。
名刺入れ、めちゃくちゃクオリティが高かったから、嬉し過ぎます。

これ、一体、何が発売されるんでしょうね。
名刺ケースは新潟とのコラボ企画なんですが、僕の本は全部新潟が絡んでいますし。
蒼空時雨の別バージョンなのか、花鳥風月シリーズの別作品なのか、はたまたノーブルチルドレン?
なんて色々と考えてしまいました。
次の打ち合わせで担当編集に聞いてみようと思います。


続報が分かり次第、こちらでもお知らせしますので。
今回、買えなかった皆様。
蒼空以外の作品を好きでいて下さる皆様。
楽しみにお待ち下さいませ。


それでは、僕は原稿に戻ります。
締め切りまであと……。
別窓 | 小説のお仕事 | コメント:19 | トラックバック:0 | top↑
| 綾崎隼の徒然雑記 |