The die is cast.
『命の後で咲いた花』発売中です。
2013-02-11 Mon 00:00
『命の後で咲いた花』が発売されてから二週間ほどが経ちました。
今回はハードカバーだったこともあり、文庫より部数が少なめでした。
何件も書店を探し回ったという話も何度も聞きました。
手に入れるために、労力を割いて下さる皆様に本当に感謝です。

文庫だと思って探したけれど見つからなくて……という話も何度か聞きました。
今回は<文庫>ではなく<単行本>です。
いつもと同じ場所には並んでいないかと思いますので、店員さんに聞いて頂けたら嬉しいです。

ネットでも、ぜひ。↓
命の後で咲いた花命の後で咲いた花
(2013/01/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る



発売から二週間が経ち、感想を沢山頂きました。
『命の後で咲いた花』は、これまでの本の中で最も時間をかけた一冊で、自分としても本当に強い思い入れがあります。
その大切な一冊を読者の皆様に楽しんで頂けるかドキドキしていたのですが、温かな感想を沢山頂けて、胸をホッと撫で下ろしているところです。

いつも僕なんかの本を楽しんで下さる読者の方々に、本当に感謝しております。
皆様のお陰で、次の物語を紡ぐことが出来ます。



<一緒に本を作って下さった方に楽しんで頂けること>に、何ものにも代えがたい安堵を感じます。
新刊が出る度にワカマツさんは記事を書いて下さっていますが、今回も読んでいて、泣きそうになりました。
一緒に一冊の本を作って下さる方に楽しんで頂けるというのは、本当に幸せなことです。
記事のリンクはこちら→ワカマツカオリさんブログ『命の後で咲いた花』



頂いている質問が幾つかありますので、少し回答したいと思います。
新刊の“内容”に触れる質問には答えられないのでネタバレはありませんが、何も知らない状態で新刊を読みたい方はご注意ください。



<命の後で咲いた花>について

Q1:第二部に登場するスイーツとお店は実在のものですか?

舞台となった弥彦に実在しています。
鳥居の近くに想定していたお店がありますので、気になる方は機会があれば、ぜひ。
抹茶プリンパフェは本当に美味しいです。
電撃の先輩作家、支倉凍砂さんが新潟に遊びに来ていた時に、色々と車で案内して、その折りに僕も食べてきました。
その時の写真です。
IMG_0712_convert_20130210230647.jpg

参考までにお店のURLを貼っておきます。⇒<登場したお店>



Q2:作中に登場する「乃亜君」は、どの本に登場していた人物ですか?

今回、巻末に人物相関図をつけてもらっています。
乃亜はそちらにも登場していません。
というわけで、初登場の人物です。
詳しくは話せませんが、今後メインキャラクターとして登場する予定です。



Q3:〈不治の病〉ものを書く際に参考にした本でおすすめがあったら教えて下さい。

作家志望の方の質問だったりするでしょうか。
今回、小説だけでなく映画も漫画も合わせて数十作チェックしています。
そして、少し前の記事でも書きましたが、最後までこのジャンルを好きになれなかったので、参考にした個所があっても、「こういうことを自分はやらないようにしよう」と反面教師的に思わせられた部分が大部分なので、名前を出してお伝え出来ません。
そんなわけで根幹部分で参考になった作品はないのですが、方向性みたいなものを決める時に、頭にあった作品は映画の『タイヨウのうた』です。
(ドラマ版は観ていません)

タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]
(2006/11/22)
YUI、塚本高史 他

商品詳細を見る




Q4:『蒼空時雨』でも塾講師が登場しますが、塾が時々登場するのは何故ですか?

大学卒業以降、今もそうですが、進学塾で働いているので、よく知っているからという理由です。
そして、それ以上の理由はないです。
今回、教員をテーマにしましたが、中学、高校の教員免許状を持っているので、その辺りで知識として事前に色々知っていたのと、教員&教育学部生の知り合いが何人かいるので、分からない点を相談しやすかったという背景があります。
自分が何も知らない世界の話を書くのは難しいです。
興味を持った世界を、取材を重ねることで描いてしまう作家さんに憧れますが、自分にはまだ難しそうです。
いつかは……!


Q5:次回作はどうなりますか?

最近、メディアワークス文庫のHP内に特集ページを作って頂きまして。
その際にインタビューに答えたのですが、そこで回答しています。
興味のある方は、こちらのインタビューページで確認して頂ければと。
<作家・綾崎隼特集ページ>(右の下部にインタビューページへのリンクがあります)

既刊の人物相関図も確認出来ます。
(『命の後で咲いた花』に再登場するキャラのネタバレになっていますので、閲覧の際はご注意を)



Q6:『ノーブルチルドレンの残酷』との連動キャンペーンとは何ですか?

ワカマツカオリ様&幹本ヤエ様&綾崎の3人で書き下ろしペーパーを作りまして、それが応募者全員にプレゼントされるというものです。
僕は作家なので、期待されても恐らくアレですが……。
ワカマツさんと幹本さんの書き下ろしは、わたくし、スーパー楽しみです。
こちら、締め切りが3月25日になっておりますので、お早めに!
コミック版ノーブルチルドレンも本当に素晴らしいので、ぜひ、お手に取ってみて下さいね!

作画の幹本ヤエさんがブログで<紹介記事>を書いて下さっています。

ノーブルチルドレンの残酷 1 (シルフコミックス 46-1)ノーブルチルドレンの残酷 1 (シルフコミックス 46-1)
(2013/01/22)
綾崎 隼

商品詳細を見る



<新刊とは関係なく頂いていた質問>
ブログへの質問のほかに、随分と前にファンレターで頂いたものも含みます。
回答が遅くなって申し訳ないです……。


Q7:ファンレターは何処へ送れば届きますか?

定期的に頂く質問ですが、MW文庫巻末の奥付にある宛先に送って頂けると、編集部経由で僕の下へ届きます。
(単行本『命の後で咲いた花』の巻末には書かれていませんので、文庫を参考にして頂ければと)
デビューして一年半くらいで編集部が移転しているので、<花鳥風月シリーズ>の初版本の宛先は過去の住所(新宿)です。
ノーブル以降か重版分の文庫の奥付を確認して頂けると嬉しいです。

お手紙を下さった皆様には、簡単ではありますが年に一回、お礼状を発送しております。
今年も春過ぎに送りたいと思っています。


Q8:どうして小説を書こうと思ったんですか?

この質問には明確な回答がないです。
子どもの頃から気付けば書いていたし、大人になって時間が取りにくくなっても、書くことをやめられなかったので。
創作のための媒体は沢山ありますが、小さな頃から小説を読むことが一番多かったですし、媒体として小説を選んだのも自然なことでした。
昔、先輩作家の紅玉いづきさんと、<小説家になれなくても、きっと私たちは物語を書き続けていた人間ですね>というような話をした記憶があるのですが、そんな感じで、小説を書くことは昔から本当に自然なことでした。



Q9:『ノーブルチルドレンシリーズ』が完結したら、一冊ごとの形式に戻るのでしょうか?

『命の後で咲いた花』は一冊読み切りですし、今書いている新刊もそうです。
今後も基本的には読み切り作品を発表していくと思います。


Q10:『ノーブル断罪』の表紙と口絵は繋がりますか? 口絵で傘を持っているのは誰ですか?

繋がります。
ワカマツさんによれば、口絵の数秒前が表紙だそうです。
なので口絵で傘を持っているのは吐季です。

ちなみに表紙と口絵が繋がっているのは『ノーブル残酷』もです。
こちら、漫画掲載の告知時に、シルフに繋がった状態の一枚絵で掲載されました。
僕もPCの壁紙にしています。



Q11:すべての作品に舞原家か千桜家が出ていますが、どれも繋がっているのですか?

世界は繋がっていますが、物語同士の関係性はほとんどありません。
時代と主人公もそれぞれ異なります。
特に時代は刊行順に未来に進んでいるわけですらないです。
詳細は過去の記事<作品の時系列>を参考にして頂ければと。



Q12:「雪蛍」や「七虹」などの珍しい名前の当て方は、身近に同じ名前の人がいるのですか?

塾で毎年大勢の生徒と接しますので、珍しい名前の子と遭遇する機会は頻繁にありますが、知り合いの名前を意図的につけることはありません。
なので自分で考えたものです。
以前にも一度書きましたが、
『蒼空時雨』⇒『雨』⇒『零央』
『初恋彗星』⇒『星』⇒『星乃叶』
『永遠虹路』⇒『虹』⇒『七虹』
『吐息雪色』⇒『雪』⇒『雪蛍』
というわけで、<花鳥風月シリーズ>は、メインキャラクターとなる舞原家にモチーフとなる漢字が使われています。
今後、既刊に名前の出ている『陽凪乃』と『沙月』の物語も書きたいと思っています。



Q13:今後<花鳥風月シリーズ>は出ますか?

出ます。
既刊4冊ともお陰さまで定期的に重版がかかっているので、出しやすい状況でもあります。
二回も舞台にして頂けましたし、モチベーション的にも新刊を出したい気持ちでいっぱいです。
もともとすべて一冊読み切りなので、アイデアさえ思いつけば……というシリーズでした。
年内には発表出来ると思います。



Q14:舞台のモデルとなっている場所はありますか?

『初恋彗星』、『永遠虹路』、『ノーブルチルドレン』、『INNOCENT DESPERADO』、『命の後で咲いた花』
上記作品は新潟が舞台になっているので、
(『蒼空時雨』と『吐息雪色』は八王子、『初恋彗星』のメインは山梨)
登場する地名は実在のものが多いです。

幾つか実例をあげます。
やすらぎ堤
☆ビッグスワン⇒Jリーグ、アルビレックス新潟ホームスタジアム
☆ランドマークタワー⇒新潟で一番高い位置にある展望台
万代橋
どれも新潟市で暮らす人間にとってはお馴染みの地名です。

『命の後で咲いた花』に登場する弥彦、岩室の冬妻ホタルも実在するものです。
新潟にお越しの際は、機会があれば。


Q15:日本国内で好きな観光地や旅行スポットは何処ですか?

こちら、夏休みに旅行を考えていて……というファンレターだったので、返事が真冬になってしまい、わたくし、大変心苦しいのですが……。
深く、深く、お詫びしたい所存ですが……。

パッと思いついたのは、
☆高知県の桂浜。
☆徳島県の大塚国際美術館。
☆沖縄。
上記の三ヶ所です。
10年前の記憶ですが、桂浜は今まで見たすべての海の中で一番綺麗だったように思います。
夕焼けの時間帯だったのも良かったのかもしれません。
大塚国際美術館と沖縄(ざっくりですが……)も楽しかったです。



Q16:ボーカロイドは好きですか?

幾つか好きな曲があります。
最近の曲は分かりませんが、時々、人にお薦めされると聴いています。
でも、素敵な曲があっても、それを歌い手さんが歌っている動画を探してしまうので、やっぱり人間の声の方が好きなのかな……とも思っています。
『INNOCENT DESPERADO』で一緒にお仕事をさせて頂いた秋赤音さんの曲は、最新曲までよく聴いています。
ニューアルバムの『感弩≠Reduction』は本当に名曲だと思います。
しばらくずっと聴いていました。

INNOCENT DESPERADO (メディアワークス文庫)INNOCENT DESPERADO (メディアワークス文庫)
(2012/02/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る




Q17:好きなクラブチームはどこですか? レアル派ですか? バルサ派ですか?

Jリーグはもちろん地元のアルビレックス新潟です。
レアルかバルサならば、紗矢と一緒でレアル派です。
ミランかインテルならば、インテルです。
ただ、海外リーグはCL以外なら、イングランドのプレミアリーグばかり観ています。
好きなクラブは頑なに隠しているのですが、同期の人に時々ばらされていたので、ツイッターでフォローして下さっている方にはバレているのかもしれません。
僕がずっと好きなのは、プレミアの赤と白のチームです。
同期の浅生楽さん、間宮夏生さんと同じです。
『命の後で咲いた花』のイメージカラーが赤と白なのは、要するにそういうことなのでした。



以上。
簡単ではありますが、これまでに頂いていた質問への回答でした。
抜けがあったら、ごめんなさい。
また質問して頂けたらと思います。


それでは、今回も最後は沖縄旅行の写真でお別れです。
帰りたくない
離島で夕焼け空を見つめながら、この島でロボットの戦闘が起きたらという妄想をするだけの簡単なお仕事をしている若手作家たち。
別窓 | 小説のお仕事 | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑
| 綾崎隼の徒然雑記 |