The die is cast.
新刊告知『ノーブルチルドレンの追想』
2013-09-25 Wed 23:05
久しぶりの新刊告知です。
来月10月25日、かねてより書きますと言っていたノーブルチルドレンの新刊が発売されます。

タイトルは『ノーブルチルドレンの追想』です。
まだ書影はアップされていませんが、あらすじは載っています。
公式HP『ノーブルチルドレンの追想』

あらすじにある通り、『夏茜』前後篇に加えて、麗羅、歩夢を主人公とした短編を二編。
それにプラスして最終巻の『愛情』にはなかったエピローグを書いています。



『愛情』のあとがきでも少し書きましたが、
「念願の学園ミステリーだったのに、体育祭も学園祭も修学旅行も書けませんでした」
なんて話を打ち合わせでしていた際、担当編集に、
「じゃあ、『休息』なんてタイトルで短編集を書いてみたらどうですか?」
などと言われ、構想が始まったという経緯があります。
なので原稿もずっと『休息』というタイトルで書いていたのですが、結局、入稿直前に『追想』に変えました。

短編集を書き始める前から、英題は
Reminiscence of the Noble Children
にしようと思っていました。
岡崎律子さんに『reminiscence』という曲があるのですが、曲名の字面が10年前から凄く好きで、英題はこれだなと最初から確信していて。
邦題は迷ったのですが、英題が気に入ってるし、やっぱり合わせようということで、最終的に『追想』にしました。
様々な時代の物語が入っているため、『休息』でも『追想』でも、どちらでも特に問題はなかったんですが、
あと、『追想』か『追憶』かでも悩んだんですが、
でも、やっぱり『追想』で正解だったと思っています。

life is lovelylife is lovely
(2003/02/05)
岡崎律子

商品詳細を見る




タイトルを考えるのは楽しいのですが、そう簡単に思いつくものでもなく。
今も現在書いている新刊のタイトルが決まらずに苦労していたりします。
原稿は完成に近付いているので、そろそろ正式に決めないといけないのですが……。

その点で言うと、ノーブルは漢字二文字を毎回考えるだけだったので楽でした。
花鳥風月シリーズもそうですが、ある程度の不自由があった方が考えやすいものですね。
『命の後で咲いた花』も結論が出るまでに苦労した記憶があります。



『ノーブルチルドレンの追想』は自分にとって12冊目の物語になります。
デビュー4年目となる今年、綾崎の本はこれで終わりです。
なので綺麗に一年に三冊のペースで刊行している計算になりますね。
これからもこのくらいのペースで執筆出来たら良いなと漠然と思っています。


これまで、常に自分の書きたいことだけを、書きたいように書いてきたのですが、
今回初めて、「読者さんが一体どんな物語を読みたいと思って下さっているのか」ということを強く意識したように思います。
ノーブルチルドレンという物語は『愛情』で完結しています。
それでも、まだ四人の物語を読みたいと思って下さった方が多くいて下さったからこそ、短編集を出版することが出来たわけです。
短編集の出版は、きっと作家にとって、ご褒美みたいなものなのだろうと思います。
楽しんで下さった読者の皆様が沢山いたので、お祝いにもう一冊書いても良いよ、という類のものなのだと考えています。

それで、自分が書きたいと思う物語というより、ファンレターなどで読みたいという声を多く頂いた物語を、優先的に書こうと思いました。
(最終巻を発売する前は、短編集を作るとしたら、本編にまったく関係ない時代の、学園ミステリーを数本書こうと思っていました)


蛇足になったら嫌だな。
ここまで明確に描く必要はないかな。
執筆中、沢山の葛藤、迷いを抱えながらでしたが。
本当に書けた良かった。
これを書けていなかったら寂し過ぎる。
そう思えるだけの一冊になっています。

ぜひ、ノーブルチルドレンの最後の一冊。
手に取ってみて下さいね!

ネット書店での予約も始まっています。

ノーブルチルドレンの追想 (メディアワークス文庫)ノーブルチルドレンの追想 (メディアワークス文庫)
(2013/10/25)
綾崎隼

商品詳細を見る



新刊の発売に先駆けて、コミック版『ノーブルチルドレンの残酷』第2巻も発売されます。
10月22日です。

こちらも本当に艶やかな一冊で、緑葉が小説以上に躍動しております。
新刊前の予習的な感覚でも読んで頂けます。
(『追想』には、コミックのほぼ直後に当たるエピソードも入っていますし)
ぜひ、こちらも『追想』共々よろしくお願い致します!

ノーブルチルドレンの残酷 1 (シルフコミックス 46-1)ノーブルチルドレンの残酷 1 (シルフコミックス 46-1)
(2013/01/22)
綾崎 隼

商品詳細を見る


ノーブルチルドレンの残酷 (2) (シルフコミックス)ノーブルチルドレンの残酷 (2) (シルフコミックス)
(2013/10/22)
幹本ヤエ

商品詳細を見る



公式HPではまだ書影が出ていませんが、
本作もワカマツカオリさんに超美麗なイラストを描き下ろして頂いております。
筆舌に尽くしがたい美しさになっておりますので、そちらの更新もお楽しみに!

ノーブルチルドレンの残酷 (メディアワークス文庫)ノーブルチルドレンの残酷 (メディアワークス文庫)
(2011/06/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る


ノーブルチルドレンの告別 (メディアワークス文庫 あ 3-6)ノーブルチルドレンの告別 (メディアワークス文庫 あ 3-6)
(2011/08/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る


ノーブルチルドレンの断罪 (メディアワークス文庫 あ 3-8)ノーブルチルドレンの断罪 (メディアワークス文庫 あ 3-8)
(2012/04/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る


ノーブルチルドレンの愛情 (メディアワークス文庫)ノーブルチルドレンの愛情 (メディアワークス文庫)
(2012/08/25)
綾崎 隼

商品詳細を見る

別窓 | 小説のお仕事 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
| 綾崎隼の徒然雑記 |