The die is cast.
『青と無色のサクリファイス』発売まであと二週間
2014-03-10 Mon 14:45
『赤と灰色のサクリファイス』発売より2週間が経ちました。
と言うことは、解答編『青と無色のサクリファイス』の発売まで、あと2週間ということになります。

メディアワークス文庫公式HPに後篇の書影もアップされました。
目が覚めるような『青』が印象的な表紙はこちら。⇒『青と無色のサクリファイス』

上巻を読んで下さった方には一目瞭然だと思いますが、左から順に、主人公、姫、ノアです。
背景は白亜灯台ですね。
今回、口絵の方が少年時代の主人公たちになります。
そちらも超絶に素敵なので、お楽しみに!
(頂いた口絵データを、スマホの壁紙にしました)



ワカマツさんがブログで、『赤と灰色のサクリファイス』を紹介して下さっています。
<ワカマツカオリさんブログ記事>
楽屋話的な内容も描かれています。
魚と船、確かに描いていたなぁ……。



前回も少しだけ書きましたが、
下巻『青と無色のサクリファイス』は、これまでの本の中で一番イラスト点数が多いです。
本自体はそんなに厚くないので、定価も最も安い(510円)のですが、構成の関係で扉が多くなってしまいました。
そんなわけで物凄くお得な一冊になっています。
このお値段で、ワカマツさんのイラストが10枚使用されているなんて、贅沢過ぎる一冊です。
(地図も入れると実は11枚……。)
お忙しい中、二ヶ月連続で沢山のイラストを描き下ろして頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
幸せな仕事をさせてもらっているなぁと、改めて思う次第です。
ノーブルチルドレンでも同じ体験をしましたが、最終話の扉なんかはラフを見ただけで涙が出てきました。


小説、物語自体については、作者なので何も言えないんですが。
上下巻の本として、本当に素敵な装丁になっていて。
ワカマツさん、デザイナーさん、担当編集の三木さん、お三方にはいつも以上に感謝しています。
早く解答編をお届けしたいです。


発売記念企画<連続放火事件の真犯人は誰?>も締切まであと2週間です。

少し前に、これまでの投票結果を送って頂きました。
割と予想通りに票が割れたねと、編集と話しました。
ワカマツさんもブログで書かれていましたが、この企画、犯人を知っている側からすると本当に楽しいです。
皆さん、こういう受け取り方をして下さるんだなーって。

締切まではあと二週間。
まだ受験が終わっていない方もいると思いますが、
(新潟県の公立入試は明日です)
プレゼントもありますし、沢山の方に応募して欲しいです。

ちなみに<発売記念企画のページ>で、解答を入力する際に、感想も投稿して頂けます。
(もちろん。必須項目ではありません)
頂いた感想は、編集はもちろんのこと、僕やワカマツさんも拝見しています。
推理の過程を書いて下さっている方もいて、単純に今後も物語を書き続ける上での勉強になっています。
物語の途中でこれだけ沢山の感想を目にする機会ってなかなか珍しいと思います。




解答編、発売まで2週間。
『赤』と『青』の離島ミステリー。
一人でも多くの方に楽しんで頂けたら嬉しいです。

赤と灰色のサクリファイス (メディアワークス文庫)赤と灰色のサクリファイス (メディアワークス文庫)
(2014/02/25)
綾崎隼

商品詳細を見る


青と無色のサクリファイス (メディアワークス文庫)青と無色のサクリファイス (メディアワークス文庫)
(2014/03/25)
綾崎隼

商品詳細を見る

別窓 | 小説のお仕事 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
| 綾崎隼の徒然雑記 |