The die is cast.
『サクリファイス』のお話。
2014-06-05 Thu 11:30
少し前に報告した韓国版『花鳥風月シリーズ』(リンク先は『蒼空時雨』のPV)に続き、先日、中国語版も発売されました。

台湾版『蒼空時雨』
こちらは台湾語での出版らしいです。
興味のある方は、ぜひ。


後篇の発売から二ヶ月が経過しましたので、少し『サクリファイス』シリーズの話を。
(ただの前後篇ですし、僕はシリーズと思っていないのだけれど、便宜上、出版社はそのように読んでいる模様)

赤と灰色のサクリファイス
青と無色のサクリファイス

本作では、『連続放火事件の真犯人は誰?』という謎解き企画が行われました。
想像以上に沢山の方に参加して頂いたようで、とても嬉しかったです。

企画開始直前、回答フォームにコメントを投稿出来るよう、編集が変更を加えて下さいました。
そんなこともあり、本当に多くの方の感想を拝読することが出来ました。
(皆さんが投稿して下さった感想は、イラストレーターのワカマツカオリさんにも届いています)

推理の過程を書いて下さった方。
キャラクターへの想いを書いて下さった方。
これまでの作品の感想を書いて下さった方。
感想は種々様々だったのですが、本当にどれも励みになりました。
想像以上に自分にとっても、嬉しい企画となりました。


肝心の犯人当てクイズについてもお話しします。
(以前、ツイッターでも話した内容ですが)

もともと本企画は、前後篇になることが決まった際、僕からやってみたいと言い出したものでした。
幸運にも実現したのですが、前篇であまりにも多くの情報を出してしまうと、ネット全盛の時代ですし、真相が簡単に露見してしまうと思い、何度も作中の情報を細かく調整しました。

既にお読み頂いた方は分かると思うのですが、今回、物語に施された真相さえ看破出来れば、真犯人の候補は2、3名に絞れるようになっていました。
「前篇だけで完璧に推理するのは無理です」とあとがきに書いたのはそういう理由からです。

上記の理由もあり、正解者は10%前後になるだろうというのが、僕や編集の予想でした。
そして、皆さん気になっているだろう正答率ですが、最終的には<14.8%>でした。
企画開始、一週間後の結果も似たような数字でした。

つまり、企画スタート時点で予想した方も、終盤まで考え抜いた方も、正答率はほとんど同じだったということです。
僕らの予想よりは少しだけ正答率が高かったけれど、そこまで外れてもいなかったかな……という印象です。

本企画では、正解者の中から10名様に、ワカマツさんと僕のサイン色紙が当たりました。
クイズも絡みますし、さすがに倍率が10倍を超えることはないと思っていたのですが、ごめんなさい。
10倍どころではなかったです……。
正解して頂いてもなお、サイン会の倍率より高かった模様です。
それだけ大勢の方に応募して頂いたということですね。
本当にありがとうございます。

当選された方には、もう色紙が届いていると思います。
少し前にツイッターで当選報告を受けた際、その色紙画像をRTさせて頂きました。
そちらをご覧になった方はご存じと思いますが、

何と今回の色紙。
ワカマツさんがすべてにイラストを描き下ろして下さいました。

主人公、姫、ノア、3人の内の一人が描かれています。
ワカマツさんの直筆イラストが当選するとか、本当に夢のような企画でした。
当選者の方が心の底から羨ましいです。

僕は10名の当選者様へのイラストをデータで頂いたので、全員分を拝見しました。
どれもとても素敵でした。
RTしたのはノアでしたが、主人公と姫も筆舌に尽くし難い素晴らしさだったのです。

ワカマツさん、お忙しい中、本当にありがとうございました!
そして、重ね重ね、当選された皆様、おめでとうございました!
せっかく正解したのに、落選してしまった……という皆様、また、いつか、何処かで。



今回のような企画を、またやって下さい。
という声も沢山頂きました。
大勢の方に楽しんで頂けたらからでしょうか。

今後、少しミステリーから離れる予定なので、すぐに実現というわけにはいきません。
ただ、素敵なアイデアを思いつけたら、また何か楽しいことをやれたら良いなと思っています。
クイズ企画だと前後篇に分けることが前提になりますし、条件達成の難易度はかなり高いのですが……。

考えてみれば、ノーブルチルドレンなんかも、もう少し別の場所で話を切っていたら、<犯人当て企画>は出来たのかもしれませんね。
あちらはあまり真犯人を隠すつもりがなかったので、正答率はかなり高くなっていたでしょうけど。


現在、二つの新作を鋭意執筆中です。
片方はもうほとんど完成しているので、そう遠くない未来に発表出来る気がします。

それでは、また。
ワールドカップが終わった頃にでも!

赤と灰色のサクリファイス (メディアワークス文庫)赤と灰色のサクリファイス (メディアワークス文庫)
(2014/02/25)
綾崎隼

商品詳細を見る
青と無色のサクリファイス (メディアワークス文庫)青と無色のサクリファイス (メディアワークス文庫)
(2014/03/25)
綾崎隼

商品詳細を見る



別窓 | 小説のお仕事 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| 綾崎隼の徒然雑記 |