The die is cast.
今後の刊行予定など
2017-10-02 Mon 20:30
久しぶりの更新となってしまいました。
諸々の近況報告を。


★1

今月20日、講談社タイガより発売される『謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー』に参加しています。

館をテーマにしたアンソロジーになっていて、
僕は『時の館のエトワール』というタイトルで書かせて頂きました。
探偵役として、きみとけより千歳が登場しています。
恋愛要素を絡めて、自分らしいミステリーを書けたと思うので、ぜひ、読んで欲しいです。



Amazonに「新本格ミステリ30周年」特集のページがあります。
そちらに綾崎もページを作って頂いています。


★2

かつて小説のファン雑誌、『活字倶楽部』という雑誌がありました。
今は『かつくら』という名前で発行されています。
この雑誌に載るのが密かな夢でした。

かつくらには冬の号に、作家さんへのインタビューが載るんです。
何年か前に、紅玉さんが声をかけられたと言っていて、
「良いなー! パイセン良いなー! 僕もいつか声をかけられたいっす!」
なんて話していたんですけど。

次号のかつくらで、特集記事を組んで頂けることになりました。
作家生活8年目にして夢が叶いました。

かつくらさんに特集を組んで頂けるということで、今まで話していないことを沢山喋っています。
ゲラをチェックしたんですが、
何と僕なんかに14ページも割いて下さっていて。
14ページですよ!
インタビューと既刊の紹介で14ページ。
こんなに特集される機会は、もう二度とない気がします。

インタビューもたっぷりなんですが、
既刊紹介では各シリーズのリンクなんかも詳細に拾って下さっていて。
なんて愛のある特集記事を作って下さったのだと、感涙でした。
10月25日発売です!




★3
文芸誌、【文芸カドカワ】にて連載中の新作『君を描けば嘘になる』が、10月配信の第四部で最終回を迎えます。
雑誌で追って下さっていた皆様に、ついに最終エピソードをお届け出来るわけですが、
連載終了を控え、単行本化の作業も始まりました。

年明けの発売を目標に、最後の改稿、加筆に入っています。
こちらも続報が出ましたら、ブログでもお知らせしますね。


★4
今年はあまり本が出ていないのですが、
雑誌に連載中だったり、来年の刊行予定になっていたりというだけで、
例年と変わらず、お仕事をしています。

「出す、出す」と言いながら、なかなか発売されないノーブルの新作も執筆は進んでおります。
「次の改稿で完成になるかもね」と担当編集には言われていまして。
今年の刊行は無理でしたが、着実にゴールへと進んでおります。

ほかにも色々と書いているので、
来年、沢山の物語をお届け出来たら良いなと思っております。

それでは、また!
別窓 | 小説のお仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 綾崎隼の徒然雑記 |