The die is cast.
新刊『風歌封想』告知
2016-06-25 Sat 21:00
メディアワークス文庫のHPで告知されましたので、お知らせ致します。
来月7月25日、花鳥風月シリーズの新刊が発売されます。

『風歌封想』
(リンク先であらすじを読めます。実にシンプルです)


タイトルは『ふうかふうそう』と読みます。
主人公の一人、舞原和颯は「かずさ」と読みます。

今回の物語は、30歳の男女を主人公とした恋愛小説です。
モチーフはタイトルにある通り『風』です。
花鳥風月シリーズと言いながら、<花鳥【風】月>の中の文字がタイトルに登場するのは、6作目にして初でした。
レッドスワン、君と時計シリーズと、最近は高校生を主人公とした物語ばかり書いていたので、久しぶりに大人の物語を書けて楽しかったです。

舞原和颯は、レッドスワンの監督、世怜奈の五つ年下の弟になります。
そんな和颯が30歳の年の物語なので、時代的にはレッドスワンの10年後になりますね。
(もちろん『風歌封想』はサッカー小説ではないので、レッドスワンのキャラクターは登場しません)
(舞原世怜奈って誰? という方は、【こちらのリンク】をご覧下さい)


3年振りのシリーズ新刊となりましたが、
既刊を読んで下さった方はご存じの通り、今回もまったく新しい物語です。
そして、もちろん一冊で完結しています。
僕の本を読んだことがない方にも、『君と時計シリーズ』で初めて知って下さった方にも、手に取って頂けます。


久しぶりに、恋愛小説らしい恋愛小説にもなりました。
この物語が沢山の方に届くよう願っています。




公式HPで表紙が公開されたら、また、ブログを書きますね。
それでは!

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『風歌封想』の話 | 綾崎隼の徒然雑記 | 翻訳のこと。>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 綾崎隼の徒然雑記 |