FC2ブログ
The die is cast.
『君を描けば嘘になる』発売
2018-01-25 Thu 00:00
君を描けば嘘になる_cover

2018年1月25日。
24冊目の新刊、
(文庫版『命の後で咲いた花』を含めたら25冊目でしょうか)
『君を描けば嘘になる』が角川書店より発売されました。
本作は電子書籍も同日、配信です。

2017年に文芸カドカワで連載された作品です。

装画は青依青さんが担当して下さっています。
ツイッターに写真を貼ったんですが、本をぐるりと彩る素敵なイラストになっています。
本編を読むと、その意味も分かって頂けると思うのですが、青い蝶が本当に素敵です。
表紙は14歳の遥都と灯子のイメージでしょうか。


『君を描けば嘘になる』は、自分にとって里程標的な作品だと思っていて。
今日でデビュー丸8年なんですが、この8年間の集大成になった気がしています。

5年前に『命の後で咲いた花』を書いた時、自分はいつかこの物語よりも素敵な読み切りを書けるだろうか。
と、不安になりました。
(そのくらい『命の後で』は自信があったんです)

やっと、次の場所に進めた気がするというか。
この物語で、一つ、新しい扉をあけられたような気がしています。
だから、これまでの自分の本を好きになって下さった方には、本当に、手に取って欲しいです。

こんな物語を書いたよ!
書けるようになったんだよ!
と、伝えたい一冊なので。
沢山の人に届いて欲しいです。今度こそ。

今回、幾つかインタビューも受けているので、
そちらも後日、掲載されましたら報告しますね。




もう一つ。
本日発売のメディアワークス文庫新刊。
星奏なつめさんの新作『チョコレート・セレブレーション』の推薦文を担当させて頂きました。
2年の時を経て、まさか再び新作の推薦文を書かせて頂けるとは、と驚きました。

完全に完結している物語の続編を書くって、凄く大変なことだと思うんです。
でも、『チョコセレ』は前作『チョコレート・コンフュージョン』を読んだ読者が読みたいと思っているだろう未来に、120%届いている物語なので、
前作を楽しんだ方は、200%楽しめる小説だと思います。
笑えて、勇気までもらえる物語です。




連載が二つ始まったこともあり、
去年は本の形では、あまりお届け出来なかったんですが、
2018年は沢山の物語を発表出来たら良いなと思っています。

明日から作家生活9年目ですね。
今年も一年間、よろしくお願い致します!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『君を描けば嘘になる』各種インタビューなどのまとめ。 | 綾崎隼の徒然雑記 | 『君を描けば嘘になる』発売まで2週間。>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 綾崎隼の徒然雑記 |