The die is cast.
ファンレターへのお礼状発送について
2016-12-21 Wed 18:00
『風歌封想』のあとがきで告知した通り、
久しぶりに、頂いたファンレターへのお礼状を作っています。
(2014年の春が最後なので、実に3年ぶり)

今までは手作りでしたが、
今回は業者に注文して、少しグレードアップした物をと考えています。
ただ、未だデザイン案と共に思考錯誤中なので、どうなるかは分かりません。

前回のお礼状を発送して以降に届いたファンレター、
(講談社に送ってもらった物や、イベントなどで頂いたお手紙、年賀状なども含め)
すべてにお礼状を発送する予定でいますが、
何しろ3年振りなので、少し前に送って下さった方の中には、住所が変わった方もいると思います。
そもそも、住所が書いていない。
ペンネームしか書かれていない。
という方もいらっしゃいます。
(親元で暮らしている方には、ペンネーム宛ての手紙が届く……という悲劇が、過去に何度が起きています)

住所、お名前など、不安な方は、
メールフォームより、正しいものを教えて頂けたら嬉しいです。


まだ数えていませんが、2、300通は作ることになるので、
実際にお届け出来るのは、もう少し先になりますが、
何とか来年の早いうちに、
(具体的には確定申告の前に……)
送れるよう、準備を進めています。


ファンレターは本当に励みになるし、とても嬉しいので。
これからもお礼状を作っていきたいのだけれど、物理的な時間の問題で、今回が最後になってしまうかもしれません。
少し多めに作って、近々に届いたお手紙には返事を出したいと考えていますが、残念ながら……という場合には、申し訳ありません。
(少なくとも一月末までに送って頂いたお手紙には、お返事を出したいと考えています)


もう少ししたら、新刊のお知らせも出来ると思います。

それでは、また。
別窓 | 徒然雑記 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
電撃大賞に出席してきました。
2016-11-12 Sat 16:00
先日、第23回電撃大賞の授賞式に出席してきました。
僕は第16回の受賞者なので、自分の回から数えると、もう8回目の参加です。
時の流れが早い……!

小説、イラストに続き、コミック部門も統合されたことで、授賞式の時間が長くなり、
そんなこともあって、式後のパーティーから参加する作家さんもちらほらいらっしゃるのですが、
「今、来ただろ! 美味しいご飯だけ食べに来ただろ!」みたいな。
僕は比較的真面目な人間なので、いつも受賞式から出席しています。
(式に出ないと、受賞者さんの顔と名前が一致しないですし)

今年はコミック、イラスト共に、女性の受賞者が大半を占めていました。
しかし、小説部門は例年、男性が多数派となります。
メディアワークス文庫が出来た僕らの年と去年は、3人女性がいたけれど、それでも男性の受賞者の方が多かったです。

ところが、今年、ついに、そのバランスが崩れることになりました。
8人の受賞者の男女比率が、5:5だったのです。
小説大賞としては最多、四人の女性受賞者が誕生していました。
メディアワークス文庫を狙った応募が増えているからでしょうか。
(今年も4人の内、実に3人がMW文庫デビューのようです)
多様性に富んでいるのが電撃大賞の良いところなので、きっと、好ましい流れなんだろうなと思いながら壇上を見ていました。



紹介が遅くなりましたが、今年の受賞作は<こちら>からチェック出来ます。
今年も発売がとても楽しみです。

どこまで発表されているか分からないので、言って良いことなのか分からないけど。
去年に続き、今年も刊行月に新しい工夫が生まれていましたね。
(2年前までは、基本、受賞作は同時発売が多かった)
どんな風に書店で展開されていくのか、それを見るのも楽しみです。


パーティーでは、なるべく受賞者さんにご挨拶しようと思っているのですが、
7年作家を続けてきたことで、
拙作を「読みました!」と言って頂く機会にも、時々、恵まれるようになりました。
もちろん、それは、とても嬉しいことなのだけれど。
今年は初めて経験した衝撃がありまして……。

「高校生の時に読みました!」

と、言われた時は、思わず遠い目をしてしまったというか。
え、君、幾つ……?
逆に、俺、幾つだっけ……?
となって、咄嗟に頭の中で計算が出来なかったというか、
冷静に考えたら、若い受賞者さんなら、そういうことも有り得るんだろうけれど。
僕はまだ新人気分が抜けきっていないので、嘘だろ……と耳を疑うことになりました。

「高校生」でも衝撃だったので、
今後、もしも作家さんに「中学生の時に読みました」とか「小学生の時に読みました」なんて言われる機会があったら、血を吐く気がします。



よく分からないことを書き連ねてしまいましたが。
そして、最後になりましたが。


電撃大賞、受賞者の皆様。
この度は、本当におめでとうございました!!

これから、どうぞ、よろしくお願い致します!
別窓 | 徒然雑記 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
『君と時計と雛の嘘 第四幕』発売
2016-10-20 Thu 00:00
君と時計と雛の噓 第四幕

本日10月20日。
通算23冊目となる新刊、『君と時計と雛の嘘 第四幕』が発売されました。
【君と時計シリーズ】最終巻です!

第一幕から繋がっている表紙は、もちろん、pomodorosaさんが描いて下さいました。
タイトルと同様、表紙にもループする物語を暗示する仕掛けが施されています。
(下のリンク先にて、四冊を繋げた一枚絵を見ることが出来ます)

完結記念として、既刊の【プレゼントキャンペーン】が行われているので、未読の方は応募してみて下さいね。

コミック版『君と時計と嘘の塔』第1巻も発売中です!




きみとけ最終巻なので、思い出話も。


講談社タイガで書かせて頂くことが決まり、
プロットを作った結果、全4冊になることが判明し、
4巻構成なら、1年に1冊ずつ書いて、4年間、ゆっくりタイガを楽しもうと思ったのですが……。

第一幕を読んだ担当編集から、
「ひとまず間を開けずに続きを発売したいから、とりあえず第二幕を」と言われまして。
僕は編集者に忠実なタイプの作家なので、
急いで次を書いたら、
「この後、一年もあけたら暴動が起きるから、とりあえず第三幕も早く」と言われ……。
何だかんだで気付けば、1年で全4冊が発売になりました。

スピッツの歌詞っぽく言うと、

誰よりも早く駆け抜け
LOVEと絶望の果てに
(講談社タイガでシリーズ最終巻を最初にお)届け
しました。



シリーズと平行して、『レッドスワン』と『風歌封想』も書いていたので、
スケジュール的には、後半、相当厳しかったのですが、
7年作家をやって分かったのは、漫然と時間をかければクオリティが上がるわけではないということで。
(完成度を高めるために必要なのは、トータル時間であって執筆期間じゃない)
結果的に、テンションを落とさずに、物語の最後まで一気に書けて良かったです。

最終巻は、本当に、ギリギリまで入稿を引っ張ってもらって、
徹底的にブラッシュアップしたので、
(改稿に時間をかけるのは、いつものことですが)
担当編集にも本当に迷惑をかけたのだけれど、
(翌朝、関西出張なのに、午前三時過ぎまで打ち合わせに付き合ってもらったり……。)
お陰で、納得のいく最終巻を書けました。
やり遂げました。最後まで。


この物語の結末が、どんな風に届くのか。
今は、まだ、分からないけれど。
一人でも多くの人に楽しんでもらえたら嬉しいです。
別窓 | 小説のお仕事 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
コミック版『君と時計と嘘の塔』第1巻発売
2016-10-07 Fri 00:20
君と時計と嘘の塔_コミック第一巻

本日、10月7日。
コミック版『君と時計と嘘の塔』第1巻が発売になりました。
作画は西ノ木はら先生です。

講談社の月刊誌、ARIAにて連載されているのですが、
毎月、本当に素晴らしくて、単行本の発売を首を長くして待っていました。

原作のきみとけを楽しんでいる皆様にも、
原作を未読の皆様にも、楽しんで頂けたらと思っています。

【こちらのサイト】で、第一話(63ページ!)を、たっぷり試し読み出来るので、まだ、漫画を読んでいないという方は、ぜひ、まずは試し読みから!

芹愛も、雛美も、本当に可愛くて。
千歳先輩も素晴らしく格好良くて。
原作者冥利に尽きるコミカライズになっています。





原作の最終巻『君と時計と雛の嘘 第四幕』も、発売まであと二週間となりました。
(発売日は、講談社タイガ、創刊一周年です)

ついに最終幕です。
読者の皆様に、どんな風に届くのか、本当にドキドキします。

完結記念として、1巻から3巻までの【プレゼントキャンペーン】も行われているようなので、未読の方は、ぜひ、応募してみて下さいね。



コミックも、最終巻も、どうぞ、よろしくお願い致します!!
別窓 | 小説のお仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新刊告知『君と時計と雛の嘘』
2016-08-25 Thu 10:00
講談社タイガ公式から発表がありましたので、こちらでもお知らせを。

【君と時計シリーズ】最終巻となる『君と時計と雛の嘘 第四幕』が2016年10月に発売となります。
講談社タイガ創刊一周年なので、ラインナップが豪華ですねー。

第二幕、第三幕の巻末に告知されていた通り、最終巻の表紙は雛美です。
タイトルも『雛の嘘』ですしね。
気付いている方もいたようですが、タイトルは一巻へとループします。

『嘘の塔』⇒『塔の雨』⇒『雨の雛』⇒『雛の嘘』⇒『嘘の塔』


こちらが2016年に発売される綾崎の最後の本となります。
一年で五冊も発売するのは初めてですし、今年は頑張って仕事をしたなーと思います。
(まだ三分の二が残っているけれど……。)

二年くらい、ほとんど休みなく働いてきたので、
少し休んで、
また、何か新しいことを初めていきたいなと思っています。

それでは。
発売は二ヵ月後になりますが、きみとけ最終巻も、どうぞよろしくお願い致します。
別窓 | 小説のお仕事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
BACK | 綾崎隼の徒然雑記 | NEXT