The die is cast.
『君を描けば嘘になる』各種インタビューなどのまとめ。
2018-02-11 Sun 15:40
『君を描けば嘘になる』発売から二週間ほどが経ちました。
沢山、嬉しくなるような感想を頂けて幸せです。

今回、初の文芸誌連載作品だったこともあり、単行本刊行時に幾つかインタビューを受けました。
雑誌に載ったものもあるのですが、それぞれ公式サイトでも読めるようなので以下にリンクを貼っていきますね。

ダ・ヴィンチ3月号 今月のBOOKMARK EX

本の旅人 2月号

吉田信子さんが書いて下さった『君を描けば嘘になる』書評(本の旅人)

今回、一つ珍しい試みもあって。
発売日翌日に、ツイッター上で一時間ほどリアルタイムに公開インタビューを受けました。
こちらのモーメントで読んで頂くことが出来ます。
言っちゃいけないことを言ってしまったらどうしようと緊張しました。

作家・綾崎隼がTwitter上で公開インタビューに挑戦、『君を描けば嘘になる』発売記念インタビュー@カドブン


『君を描けば嘘になる』以外にも、もう一つ、簡単なアンケートに答えています。
秋に『かつくら』さんで特集を組んで頂いた時に、その記事の中で、
「かつくらに載るのが夢だった」と答えているんですが、
あれ、正直に言いますと、特集を組んでもらうみたいな大それたことを夢に見ていたわけではなく、
<恒例の冬の作家インタビュー>に入れてもらうことが夢だったんです。

何年か前に先輩の紅玉さんが声をかけられたと言っていて。
良いなー。いつか僕も声をかけられたいなー。と、当時から一人で言っていたので。
秋の特集でインタビューを受けた際、最後に恐る恐る、
「あの、冬のアンケートに入れてもらうのが夢で……」
と、こっそりと(?)伝えておりました。
来年も声がかかったら良いなぁ、と。

かつくら vol.25 2018冬
こちらの雑誌です。
特集記事が載っているのは、一つ前のかつくら vol.24 2017秋です。


『君を描けば嘘になる』は電子書籍でも発売されています。
引き続き、よろしくお願い致します!


別窓 | 小説のお仕事 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
『君を描けば嘘になる』発売
2018-01-25 Thu 00:00
君を描けば嘘になる_cover

2018年1月25日。
24冊目の新刊、
(文庫版『命の後で咲いた花』を含めたら25冊目でしょうか)
『君を描けば嘘になる』が角川書店より発売されました。
本作は電子書籍も同日、配信です。

2017年に文芸カドカワで連載された作品です。

装画は青依青さんが担当して下さっています。
ツイッターに写真を貼ったんですが、本をぐるりと彩る素敵なイラストになっています。
本編を読むと、その意味も分かって頂けると思うのですが、青い蝶が本当に素敵です。
表紙は14歳の遥都と灯子のイメージでしょうか。


『君を描けば嘘になる』は、自分にとって里程標的な作品だと思っていて。
今日でデビュー丸8年なんですが、この8年間の集大成になった気がしています。

5年前に『命の後で咲いた花』を書いた時、自分はいつかこの物語よりも素敵な読み切りを書けるだろうか。
と、不安になりました。
(そのくらい『命の後で』は自信があったんです)

やっと、次の場所に進めた気がするというか。
この物語で、一つ、新しい扉をあけられたような気がしています。
だから、これまでの自分の本を好きになって下さった方には、本当に、手に取って欲しいです。

こんな物語を書いたよ!
書けるようになったんだよ!
と、伝えたい一冊なので。
沢山の人に届いて欲しいです。今度こそ。

今回、幾つかインタビューも受けているので、
そちらも後日、掲載されましたら報告しますね。




もう一つ。
本日発売のメディアワークス文庫新刊。
星奏なつめさんの新作『チョコレート・セレブレーション』の推薦文を担当させて頂きました。
2年の時を経て、まさか再び新作の推薦文を書かせて頂けるとは、と驚きました。

完全に完結している物語の続編を書くって、凄く大変なことだと思うんです。
でも、『チョコセレ』は前作『チョコレート・コンフュージョン』を読んだ読者が読みたいと思っているだろう未来に、120%届いている物語なので、
前作を楽しんだ方は、200%楽しめる小説だと思います。
笑えて、勇気までもらえる物語です。




連載が二つ始まったこともあり、
去年は本の形では、あまりお届け出来なかったんですが、
2018年は沢山の物語を発表出来たら良いなと思っています。

明日から作家生活9年目ですね。
今年も一年間、よろしくお願い致します!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『君を描けば嘘になる』発売まで2週間。
2018-01-10 Wed 21:53
文芸誌での初めての連載作品
『君を描けば嘘になる』の発売まで、あと2週間となりました。
2018年1月25日発売です。
ちょうどデビュー8周年の日です。

ちょうど一年前に発売された文庫版『命の後で咲いた花』以来の本になります。
……と考えると、かなり久しぶりの新刊ですね。
『命の後で』には後日譚を加筆していましたが、あくまでも文庫化ですし。
完全新作だと『君と時計』シリーズの最終巻以来でしょうか。

一年かけて、全力で作り上げた物語なので、ぜひ、読んで欲しいです。
出版に伴い、幾つかインタビューも受けたので、そちらも後ほどお知らせしますね。


最後に一つ、お願いがあります。
『君を描けば嘘になる』は単行本で、初版部数が文庫よりも少ないため、予約して頂けると嬉しいです。
(電子書籍でも同時に発売されるらしいです)

それでは、本年もよろしくお願い致します!



別窓 | 小説のお仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新作『青の誓約 市条高校サッカー部』連載スタート
2017-12-15 Fri 17:30
本日、新作が公開されました。
タイトルは『青の誓約 市条高校サッカー部』で、初めて副題をつけました。


掲載先は二ヵ所で、
ローソン、ミニストップ、HMVなどに置かれている<ローチケHMV>という無料の雑誌と、
<ローチケHMV公式サイト>になります。

雑誌では紙面の都合上、冒頭部分しか載せられていませんが、
ネットでは各話を最初から最後まで読むことが出来ます。

市条高校サッカー部の部員たちを主人公にした連作短編形式で、
(『蒼空時雨』のように、各話が独立していて、主人公が変わって行くスタイルです)
12月から3月まで4ヵ月連続で掲載されます。
最終話まで、全文無料で読むことが出来ます。

ネットでないと最後まで読めないのですが、
ローソンで配布されている雑誌には、装画を担当して下さったワカマツカオリさんの美麗なイラスト(素晴らし過ぎて吐血不可避)が各話、載っているので、良かったらそちらも手に取ってみて下さいね。


本日公開の第1話は、サッカーを題材とした商業作品としては、世界初の物語になっていると思います。
タイトルからは想像もつかない展開になっているので、ぜひ!
『青の誓約』はネットで全文読めますので、通勤、通学の暇つぶしに、スマホなんかでも読んでもらえたら嬉しいです。

最終話まで掲載された後、単行本(恐らく『レッドスワン』と同じ形)で、メディアワークス文庫編集部より発売されます。

本当は凄く、色々と語りたいんですが、
第一話をネタバレなしというか、情報のない状態で読んで頂きたいので、ここまでにします。



もう一つ。

文芸カドカワで連載されていた『君を描けば嘘になる』の発売日も決定しました。
来月のデビュー日、1月25日。
8周年の記念日に発売されます。

単行本で文庫より刷り部数が少ないため、予約をして頂けたら嬉しいです。

8年間の集大成的な小説になりました。
自分のことを好きでいて下さった読者の皆様には、本当に、全員に読んでもらいたいです。
『君を描けば嘘になる』
どうぞ、よろしくお願い致します!!!


別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
『謎の館へようこそ 黒』発売です。
2017-10-21 Sat 19:41
謎の館へようこそ_黒

2017年10月20日。
新本格30周年記念アンソロジー、『 謎の館へようこそ 黒』が発売されました。

「館」の謎は終わらない――。館に魅せられた作家たちが書き下ろす、色とりどりのミステリの未来!
収録作品:
はやみねかおる『思い出の館のショウシツ』
恩田陸『麦の海に浮かぶ檻』
高田崇史『QED ~ortus~ ―鬼神の社―』
綾崎隼『時の館のエトワール』
白井智之『首無館の殺人』
井上真偽『囚人館の惨劇』

ということで、作家六人による書き下ろしの本格ミステリが収録されたアンソロジーです。
デビュー順に掲載されているらしく、つい最近まで新人気分だったのに、真ん中あたりの位置かーと思いました。

アンソロジーへの参加ってこれが二度目なんです。
デビュー1年目にメディアワークス文庫から発売された『19 -ナインティーン-』に参加した時は、当然ながら一番の新人でした。
当時も、普段、短編を書かないこともあって、短編に苦手意識があったんですが、あれから7年が経ったし、成長した姿をこの本で見せられていたら良いなーと思います。

収録されている『時の館のエトワール』は、
講談社タイガから発売された『君と時計』シリーズと少しだけリンクしています。
きみとけの3年前が舞台になっていて、高校二年生の千歳と雅が登場しているんです。

新本格ミステリへの敬意もあり、物凄く気合を入れて書きました。
話を頂いてから締切まで半年くらいあったんで、もう、本当にずっと考えていました。
ミステリ好きな方だけでなく、きみとけを好きになって下さった読者の皆様にも楽しんで頂けたら嬉しいです。


このアンソロジーとちょっと関係する話で。
今、講談社タイガでは、【こんなプレゼント企画】も実施されています。
きみとけのコミック全3巻と、未発表プロットが当たりますので。
良かったら、応募してみて下さいねー。


特集記事を組んで頂いた、
桜雲社様から発売される『かつくら 2017秋』も、もうすぐ発売です。
本当に色んなことを喋ったので、興味のある方は、ぜひ、こちらも!
別窓 | 小説のお仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | 綾崎隼の徒然雑記 | NEXT